モンモリロナイト

粘土鉱物であるモンモリロナイト

6500年ほど前 火山の噴火によってできた火山灰が土壌の隆起により海底に沈み海水のミネラルと触れ合う事により様々な環境が整い生成されたとても貴重な粘土です

効果

  • 粘土鉱物のため遠赤外線を出し 湿度と水があると内部から温めます
  • マイナスイオンを帯びているため プラスイオンを帯びた汚れを磁石のように吸い込んで綺麗にしてくれます
  • 汚れを綺麗に落とし うるおいをたっぷり肌に残します
  • ヒアルロン酸 コラーゲンといった保湿成分を角質層の間に吸収し肌にしっかりとうるおいを届けます etc

被膜作用

モンモリロナイトを配合した液体を肌に塗布すると肌の表面にごく薄い膜を作ります この膜が肌を包み込むバリアの役目を果たし配合された保湿成分を逃さず肌に留めます

あまり聞きなれない成分かもしれませんが土壌の改良や胃薬などにも用いられているので探してみて下さいね

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP